2040年3月21日水曜日

はじめに

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつであると思われます。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが、実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして、筋力に頼らず、手足で動かず、飛ばず跳ねない等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と学びを楽しんで頂けるものであると思います。
実際に熊本県を含めて門下生の年齢層も幅広く、学生から年配の方まで男女問わず活動中です。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定期的な自主稽古を行っています。(それ以外に不定期の自主稽古を行う場合もあります)
 
また、最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加をしたりしています。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントを頂けましたら幸いです。

また、入門を希望される方は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”での入門となりますので、入門までの流れや必要な道具類等についてご案内と龍泉館への取り次ぎをさせて頂きます。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい



2019年1月19日土曜日

2019年01月13日 稽古始め及び自主稽古

2019年01月13日(日)兵法タイ捨流広島稽古会の稽古始めを厳かに執り行なわせて頂きました。

今年最初の稽古という訳でも無かったのですが本年一年間を怪我や大病無く稽古に励み、幾ばくかの上達を出来る様に願いを込めて仁保姫神社様(旧称:正八幡宮様)での祈願とその後に市内某スポーツセンターにて自主稽古を含めて稽古始めを行わせて頂きました。

その流れである意味で当然ながら『心を磨け!強くあれ!』が今回のテーマです!

という事で稽古始めから。
・祈願
・神前奉納演武


まずは何より今年一年を怪我や大病無く稽古を通して行える事と幾ばくかの上達を願って、祈願をお願いしました。神職様の祝詞の調べに程好く身が引き締まる雰囲気を感じながら、兵法タイ捨流龍泉館の門下生が怪我などなく稽古を出来る様に心の中で祈念させて頂きます。
そして祈願の際に祓い清めて頂いた木剣を手に神前での奉納演武をさせて頂きました。

普段は行わない雪駄での演武という事で少々のハプニング等ありつつも、神職様と巫女様と何より大神様に見守って頂きながら無事に奉納演武を納めさせて頂く事が出来ました。
そして演武を終えたその瞬間には早くも来年はもっと良い演武を奉納させて頂ける様に決意を新たさせて頂くのであります。

祈願と奉納演武を終えさせて頂いた後は、そのまま市内某スポーツセンターに移動して自主稽古を行います。

最初は歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


それから身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕の関節を極められた状態から抜ける

・向かい合って腕を抑えられた状態から押し返す

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


年始の目標と同じく受け流す木剣は高く掲げよ!を意識しながら受け流しの稽古を行います。
…すみません。目標云々は後付けです。単純に受け流しには高めに木剣を掲げる方が具合が良いという点を意識しながら稽古であります。
でも、行く行くは大きく稽古をしながら完成するにつれ小さく大成せよという本意も込められているのでございます。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


型稽古。偉大な先人の経験と叡智を後世に伝える為に世代を超えて伝承されたそれを運命か或いは奇跡なのかの縁に手繰り寄せられ鍛錬させて頂いている事を思うと「敬意」「感謝」「喜び」「決意」などなど様々な心持ちが浮かび上がるのであります。

兵法タイ捨流龍泉館に入門することが無ければ恐らく永遠に知ること経験する事はなかったであろう理合や身体操作の不思議と奥深さ。
そして何より型稽古はひとりでは行えず仕太刀と打太刀が互いに敬意と感謝を以って稽古を行う事で初めて互いに高めあうことが出来る関係性。
新年早々改めて感謝感激なのであります。

今回は弟弟子S氏からの質問もあって「残心」も心しながら稽古を行ってみました。
水急不流月。どんな流れの中にあろうとも流される事無くそこに光々と輝く月(心)もあるのです。
そしてこの心もまた、磨かれるべき心のひとつなのかもしれません。

最後に居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目


ようやく形に成りつつあると居合いではありますが、それでも未だ未だ様々な疑問が浮かんでは消え浮かんでは消え・・・。
次回の短期集中鍛錬であれもこれも質問しなければならないなと思いつつ、稽古に励むのです。


早朝から稽古始めをして流れのまま昼を過ぎるまで稽古をしたら腹が減るのは当然じゃろう!?という事で稽古の後は皆でお好み焼きを食いに行ったんよね。
腹ぺこぺこになってから熱々でソースが香ばしいお好み焼きにかぶりつくのは堪らんわ!
美味いお好み焼きを食べながら稽古会の面々で今年の目標やスケジュール感を話しつつ、お酒を飲みたくなるという唯一の不満点を黙殺して楽しい一時を過ごしたんじゃけど、こういうのも最高じゃわ!




2019年1月9日水曜日

2019年01月06日 自主稽古

2019年01月06日(日)市内某スポーツセンターで自主稽古です。

稽古始めという訳でもないのですが本年最初の稽古です。
色々と思うところもあって今年は年間のテーマを決めて稽古に励んでみることにしました。
という訳で今年のテーマは『心を磨け!強くあれ!』です!

最初に歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


それから身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕の関節を極められた状態から抜ける


急に身体操作がスランプ気味になってしまった弟弟子S氏。
どうすれば勘を取り戻せるのか共に試行錯誤しながら考えてみたのですが、ひとつ閃きました。
やはり意識もコツで「返す」や「抜ける」という意識が返って身体操作を邪魔しているのです。
では何を意識することがコツなのか?ひとつには昔から武道の世界ではよく言われる姿勢なのかもしれません。これも当面の工夫すべき課題なのでしょう。きっと。

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


相手の斬りに対して受け流しをしくじると上手く流せなかった木剣が自分に当たってしまって痛い痛いとなるのですが、しくじってしまう原因は何なのか?
弟弟子の打ち合い稽古を眺めながらそんな事を考えたりするのですが、結局のところ物事には同じを事をするにしても最適なタイミングというものがあるのです。そしてそのタイミングを掴むには相手をよく観察しなければなりません。
何じゃ、昔からよう言われていることじゃわ。ほうじゃけど言葉を知っているだけと言葉の意味するところを実践出来るかいうのは別いうことなんじゃのう。」などとぼんやり思ったりするのでした。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


型稽古をしていると打太刀が打ち落しを受ける際などが特に顕著だったりしますが、やはり剣術に於いて手の内というのは精妙にして極めて重要なのだと思わされます。
そしてこれは単に力を抜くだけでは不足で、指や手の平の使い方も含めて手の内なのですね。いや、実に奥深いです。

最後に居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目


ようやく居合いの動作も少しづつ違和感が消えつつある様に感じます。
とはいえ座った状態からの抜刀は未だ未だな感じです。これはもう少し気合を入れて頑張らないと形になりそうな気がしないのですが、逆に張り合いがあるという事ですね!


いよいよ今年も稽古始動なんじゃけど、ちいと挑戦をして年間のテーマに取り組もういうて思います。
偉い人の話の中で聞いたんじゃけど、調べた人がおって年始に決めた目標いうのは他の時期に決めた目標よりも達成率が10%以上高いらしいんよね。

ほいでテーマはそう、兵法タイ捨流龍泉館のウェブサイトにあるあの文言『心を磨け!強くあれ!』なんよね。
心を磨くというのはどういう事なんか?具体的に何をしたら心は磨かれるんか?その先はどこに繋がるんか?
広島稽古会の一同で一年をかけてじっくりと取り組んで行こういうて思います。