2040年3月21日水曜日

はじめに

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつであると思われます。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが、実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして、筋力に頼らず、手足で動かず、飛ばず跳ねない等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と学びを楽しんで頂けるものであると思います。
実際に熊本県を含めて門下生の年齢層も幅広く、学生から年配の方まで男女問わず稽古を楽しんでいます。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定例稽古を、それ以外に日曜日を中心に自主稽古を行っています。
 
それから最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加といった活動も行っています。

当会の目的は門下生同士が自主的に集って合同稽古を行うことにありますので定例稽古や自主稽古での稽古料や月額は不要ではありますが、稽古に利用する公共施設の利用料は個人負担となります。

また、入門を希望される方は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”での入門となりますので、入門までの流れや必要な道具類等についてご案内と龍泉館への取り次ぎをさせて頂きます。
入門の際や短期集中鍛錬等々につきましては費用が発生しますが、そちらにつきましては見学に来られた際などにご案内をさせて頂いております。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントまたはお問合せを頂けましたら幸いです。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい



2019年11月17日日曜日

2019年11月10日 自主稽古

2019年11月10日(日)市内スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

今週も弟弟子F氏が多忙で不参加でしたので弟弟子S氏と二人で稽古でした。
テーマは目下の最重要課題と感じている「丹田」です。

まずは歩行稽古から。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


そして打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


今回は先の短期集中鍛錬で最重要課題であると感じた「丹田」をテーマに型稽古を行いました。
これまでも丹田はある程度は意識をしていましたが、今回は丹田を常に意識し続け全て動作を丹田に帰結させるくらいの勢いです。
最初は慣れず違和感が強かったのですが、やっているうちに丹田を核に色々と連携し、ひとつに繋がっていく感じが出て来ました。でも本当に常に意識し続けるのはちょっと難しいですね…。精進です。

それから居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


居合でも丹田を意識しながら身体操作を考えてみます。
本身を下手な扱いをして自身を斬ってしまわない様にゆっくり慎重に稽古しながら、要所要所で丹田の使い方も考え試してみました。まぁ、急がば回れとも言いますし焦らずゆっくりと確実な稽古です。

最後に身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕を極められた状態から抜ける
・肘を極められた状態から抜ける
・素手で相手を打つ



入門時に頂戴して以来、稽古に愛用してきた木剣の小太刀があったんじゃけど稽古中に受け損なった時に大きく割れてしもうたんよ…。ぶち悲しい…。
あちこち割れかけて素振りにのみ使うとる木剣の大太刀があるけぇ、取り急ぎこれを磨上げ(?)て小太刀に直そう思いよります。涙。


2019年11月10日日曜日

2019年11月03日 自主稽古

2019年11月03日(日)市内スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

今回は弟弟子F氏が多忙で不参加でしたので弟弟子S氏と二人での稽古です。
テーマはこれ以外の選択肢はないと言うか「短期集中鍛錬の振り返り」です(笑


まずは歩行稽古から。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


そして打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


先の短期集中鍛錬で習った事を早速振り返って稽古です。
打太刀の受流し方や11本目の受けてから一瞬構えて斬りを繰り出す流れ、小太刀での受け流しからの斬り付け等々、短期集中鍛錬で新たに学んだ事を身体に馴染ませ、納得が行くまで繰り返し繰り返し稽古してみました。
理合を核として体現出来る様になる為に繰り返す鍛錬は、最初は出来なくても繰り返すうちに段々見えて来て近づいて行ってる感じが実に楽しく、稽古に喜びを感じる要因のひとつであると感じます。

それから居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


早速ではありますが先に入手した本身にて居合の稽古に臨んでみる事にしました。下手に刃に触れればスパッと斬れるという緊張感の中での稽古です。目釘を念入りに確認してからゆっくりと慎重に稽古します。
実際に稽古して見ると模擬刀とは段違いの柄の精度のせいかバランスや手の内の感覚が全く段違いです。握りや使い方がよろしく無いと違和感が激しくて自然と意識させられ、稽古の質が一変した感じがあります。
ある古流の方に本身で稽古すると全く違いますよとは聞いていたのですが、ここまで違うとは思っていませんでした。助言を下さったTさんありがとうございました。

最後に身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕を極められた状態から抜ける
・肘を極められた状態から抜ける
・素手で相手を打つ


どうも身体操作は後にして先に型をやる方が色々と馴染みが良い様で、今回以降は順番を変えたいと思います。短期集中鍛錬で習った身体操作が色々あるのですが弟弟子F氏も揃った時にやりたいと思い次回以降にさせて頂きました。


正直、今まで本身には余り興味がなかったんじゃけどイザ手にしてみると色々気になったり考えてみたりで俄然興味が沸いて来たんじゃけど不思議じゃわ。
まぁ先ずはちぃと鍔が合っとらんけぇ、ええ鍔を探して換えるところからなんじゃけど、色々とか鍔とか拵えとかを見とると昔の刀の一振り一振りに独自の拵えや鍔があって、それらひとつひとつが意匠も造りも全部違うて独自の面白さや美しさがある言うのはモノ凄い事じゃねぇ。ちぃと骨董が好きな人の気持ちが判った気がするんよ…。