2040年3月21日水曜日

はじめに

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつであると思われます。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが、実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして、筋力に頼らず、手足で動かず、飛ばず跳ねない等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と学びを楽しんで頂けるものであると思います。
実際に熊本県を含めて門下生の年齢層も幅広く、学生から年配の方まで男女問わず稽古を楽しんでいます。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定例稽古を、それ以外に日曜日を中心に自主稽古を行っています。
 
それから最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加といった活動も行っています。

当会の目的は門下生同士が自主的に集って合同稽古を行うことにありますので定例稽古や自主稽古での稽古料や月額は不要ではありますが、稽古に利用する公共施設の利用料は個人負担となります。

また、入門を希望される方は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”での入門となりますので、入門までの流れや必要な道具類等についてご案内と龍泉館への取り次ぎをさせて頂きます。
入門の際や短期集中鍛錬等々につきましては費用が発生しますが、そちらにつきましては見学に来られた際などにご案内をさせて頂いております。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントまたはお問合せを頂けましたら幸いです。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい



2019年5月23日木曜日

2019年05月16日 定例稽古

2019年05月16日(木)定例稽古を広島県立総合体育館 武道場にて実施しました。

このところ皆一様に仕事が忙しく久々の定例稽古となりました。と言いつつも弟弟子F氏が多忙で弟弟子S氏と一対一での稽古でしたので、テーマも「スイッチ」と難易度ちょい高めにしてみました。


最初に歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


テーマが「スイッチ」という事で身体の操作にひと工夫が必要となりますが、久々という事もあって思い出しながら稽古を行います。「そうそう、こんな感じじゃったわ…!

そして打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


それから身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕の関節を極められた状態から抜ける


大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


弟弟子S氏と一対一での稽古ですと型稽古を通しで行ってもサクサクと進んでいつもよりも短時間で終わります。久々に袋竹刀での型稽古もやってみようと思い、無論「スイッチ」もしっかりと使いながら型稽古を通しで行いました。
実は木剣での稽古だと型の動作にある打ち合いの威力に耐えられないのか、木剣が打ち合う部分から少しづつ砕かれ折れそうになってしまうので遠慮しながら稽古をしている悲しい側面があります。
袋竹刀ですと中の竹が少々折れたところで直ぐに交換出来るので、遠慮なく斬り込みしつつ「スイッチ」の様な身体操作も安心して使いながら型稽古に励んでみました。

いざやってみて気付いたのですが、身体操作に偏り等があると受け止められた際などに袋竹刀の先がギュンと撓り折れ曲がってしまったりする様です。逆に正しく身体を操作出来たと思える時には袋竹刀が撓ったり折れ曲がったりせずに堅く重い一本の棒の様になってズンと相手に重さが伝わる様です。この辺りはもう少し観察と第三者確認を重ねながら研鑽してみると面白そうな気配です。


急に暑くなって春が消えた様な悲しさがあるんじゃけど、その意味ではついに今年も熱中症に気を付けんといけん時期になって来たねぇ(泣
わしゃ暑いの苦手なんよ(涙
いうて今年も稽古会からは一人も熱中症を出さない覚悟で臨んで行こう思います…!

2019年5月20日月曜日

2019年05月12日 自主稽古

2019年05月12日(日)市内某スポーツセンターにて自主稽古。

連休明けの色々な意味で辛い一週間を乗り越えて自主稽古です。稽古に臨むだけで何とは無しに溌剌とした気分が致します。今回のテーマはちょっと難し目に「相手に合わせて必要なだけ動く」としました。


最初に歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右)
・素振り(左)


そして打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


今回のテーマは「相手に合わせて必要なだけ動く」という事で、相対して動き合う打ち合い稽古からまず「俺のターン」を発動させて頂きます。
最初は同じ拍子でしばらく打ち合いつつ、途中のターンでいきなりゆっくりと動いたり、逆に急に早く動いたりを混ぜ込んで相手に合わせて動けているかを互いに確認しあいます。
受け流す方は本来相手の斬りに合わせて受けをする訳ですから、短絡的に同じ拍子で受けを繰り返しているとフッと拍子の虚(裏拍子)を突かれてしまいます。意地悪でやってる訳じゃないですよ・・・!

それから身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕の関節を極められた状態から抜ける


大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


今回のテーマは「相手に合わせて必要なだけ動く」ですが、実際のところ型稽古もその様に組み立てられている様に思います。特に打太刀がそうですが一方が自分勝手に動いては型は成り立ちません。互いに相手をよくよく観察して相手に合わせて必要なだけ動き必要なだけ反応をする必要があります。余分に動き過ぎても、逆に不足であってもいけません。

格闘技をやっていると自分で決めた攻め方に拘ったり、逆に思込みで間合いが足りず攻防が途切れてしまったりと、どうしても「身勝手さ」言い換えれば「エゴ」が出てしまう面がありがちです。

攻め方に拘わって限定的な動きをしてしまった場合とそうで無い場合に、どういう変化や差分が生じるのか?とか、半歩いや一寸の単位で間合いを変えながら直立した相手に斬りかかり、実際に斬りの間合いが寸単位でどの辺りなのか、斬りが当たる当たらない境界線がどの距離(間合い)なのか?を体験しながら稽古をして「相手に合わせて必要なだけ動く」を一考してみました。

最後に居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目



いつも稽古には公共施設を利用させて貰うとるんじゃけど、そしたら他の様々な流派や武術やら剣道やら中にはダンスやら隣り合って練習されとる色々な方々の様子が目に入るんよね。
時には一人でストイックに黙々と練習されとるダンスの先生の熱意に感染させて貰ろうたり、マンツーマンでじっくり教える老師さんや強く育てる為にスパルタチックな指導する指導者さん等から自然と学ばせて貰う部分もあるんよ。
ふと振り返ってわしらの稽古はどうなんじゃろうか?いうところじゃけど「古流の奥深さ面白さに触れて体感して、稽古を通じて少しづつ自分でもそれを出来る様になり楽しく学ぶ!」いうんを第一に稽古を出来たらええのう言うて思うとります。