2040年3月21日水曜日

はじめに

(2020年04月 修正)

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつです。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして”筋力に頼らず”、”手足で動かず”、”飛ばず跳ねない"等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と習得の喜びを楽しんで頂けます。
また”筋力に頼らず”という理合は脱力の意でもあり、適度な脱力と身体を動かすことはストレス解消にも繋がり稽古後の爽快感は格別です。

実際に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県を含めて門下生の年齢も地域も幅広く、国内はもとより欧州などでも多数の老若男女の門下生が稽古を楽しんでいます。また海外を含む門下生同士での交流も稽古とは異なる楽しみでもあったりします。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定例稽古を、それ以外に日曜日を中心に自主稽古を行っています。

当会の活動については2020年4月より利用施設や稽古実施の実態を鑑みて変更を行い、主に日曜日に南区スポーツセンターの剣道場(個人利用)にて定例稽古、可能であれば木曜日の夜に広島県立総合体育館の武道場(個人利用)での自主稽古などを中心に稽古を行っています。
 
それ以外に最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加といった活動も行っています。

当会の目的は門下生同士が自主的に集って合同稽古を行うことにありますので定例稽古や自主稽古での稽古料や月謝などは不要ですが、稽古に利用する公共施設の利用料は個人負担となります。


入門を希望される場合は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”への入門となります。
龍泉館での年会費や入門時の費用など入門についての詳細や必要な道具類等のご案内と龍泉館への窓口などをさせて頂きますので、先ずは一度ご見学にお越しください。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントまたはお問合せを頂けましたら幸いです。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい



2020年4月5日日曜日

2019年03月29日 自主稽古

2019年03月29日(日)市内某スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

桜が良い感じに咲き乱れつつあり来週辺りが満開でしょうか?ただ今年のお花見は自粛して来年のお楽しみですね。
そんな今回のテーマは儚さ繋がりで「手の内」です。

最初は歩行稽古から。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りと構えの稽古。
・構え(順次)
・素振り(右・左)
・甲段から袈裟斬り

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


桜を見ていると何とはなしに儚さを感じるのですが「手の内」にも儚さを感じるの自分だけでしょうか?
握っているかいないのか?触れているのかいないのか?儚いとも言える程の木剣や刀との繋がりがしっくり此の頃なのですが、打ち合い稽古も「手の内」の儚さを追及して稽古してみました。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


手の内」の儚さの追及は型稽古でも変わりません。
稽古をするうちに儚さはある意味で脱力でもあると、そう感じました。
脱力する分だけ身体全体の身体操作が必要になってきますが、それが却って良い具合に感じます。次回以降も追及してみましょうか…。

それから居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


最初はどうすれば出来るか想像すらつかなかった後半の居合ですが、何とは無しに出来る様になって来ました。まだまだ出来るだけで形が成っていないのでこれからが始まりで楽しみです。


今回は身体操作の稽古をしとらんのんよ。濃厚接触せざるを得んけぇ自粛なんよ。
良いときがあれば悪いときもあるのが世の常じゃけぇ、悪いときに良いときと同じ様には出来んのは仕方がないわいね。
じゃけど感染が拡大する様じゃったら稽古自粛も考えんといけんのう…。


2020年3月18日水曜日

2020年03月08日 自主稽古

2020年03月08日(日)市内某スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

新型ウィルスの影響で演武や稽古の実施も危ぶまれる昨今ですが、場所と時間があり稽古が出来る時には動じることなく稽古をしたいと思っております。
今回のテーマは問答無用で「スイッチ」です。

最初は歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りと構えの稽古。
・構え(順次)
・素振り(右・左)


ここで身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕を極められた状態から抜ける
・肘を極められた状態から抜ける


ここ最近は最後の方で稽古をしていた身体操作を久々に前の方でやってみました。
何故かと問われれば今回のテーマも結局は身体操作の一環であるが故にというところであります。
予め反復しておいてから型の中などでしっかりとテーマに取り組もうという魂胆なのです。ふふふ。

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


振り返ってみると個人的に打ち合いの稽古での課題に段階があり、最初は身体がちゃんと半開している事で次に足が居付かない事で今は「スイッチ」がちゃんと使えているかとなっています。
最初の頃の打ち合いと今の打ち合いではもはや別物になっているかもしれません。ふふふ。

それから居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


という事で「スイッチ」をちゃんと使えているか否かの行き着く先は型と居合であります。
最初は気付かなかったのですが居合が先に進むにつれて「スイッチ」が使えているか否かで出来が全く変わってくるんですよね。そういう奥深いところに改めて感動なのです。ふふふ。

〆に大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


という事で「スイッチ」をちゃんと使えているか否かの行き着く先は型と居合であります。
型の動きに集中していると「スイッチ」が甘くなる箇所があるんですよね。それを洗い出し修正して行くべく今日も型稽古に励むのです。ふふふ。


げに今回のアレは影響が大きうて本当に困りますのう。
色々と備えるのも兵法いう事で互いに予防だけじゃのうで段階を踏んで最悪は感染した場合にも備えて対応できるんが理想なんじゃろう言うて思います。

かく言う自分が急に高熱が出てからに驚いたんじゃけど、掛かり付け医の先生に診てもろうて、泣く泣く稽古も休んで、外出もせずに家に引き籠ったりして大変じゃったんよ。
結局、一晩で熱も下がって目立った症状も無うてアレとは別物の様で幸いじゃったんじゃけど、「想定外」がなるべく少なくなる様に、「想定外」があっても柔軟に適切に応じられる様な兵法に恥じぬ在り方をしたい言うて思うとります。