2040年3月21日水曜日

はじめに

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつであると思われます。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが、実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして、筋力に頼らず、手足で動かず、飛ばず跳ねない等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と学びを楽しんで頂けるものであると思います。
実際に熊本県を含めて門下生の年齢層も幅広く、学生から年配の方まで男女問わず稽古を楽しんでいます。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定例稽古を、それ以外に日曜日を中心に自主稽古を行っています。
 
それから最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加といった活動も行っています。

当会の目的は門下生同士が自主的に集って合同稽古を行うことにありますので定例稽古や自主稽古での稽古料や月額は不要ではありますが、稽古に利用する公共施設の利用料は個人負担となります。

また、入門を希望される方は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”での入門となりますので、入門までの流れや必要な道具類等についてご案内と龍泉館への取り次ぎをさせて頂きます。
入門の際や短期集中鍛錬等々につきましては費用が発生しますが、そちらにつきましては見学に来られた際などにご案内をさせて頂いております。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントまたはお問合せを頂けましたら幸いです。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい



2020年2月22日土曜日

2019年02月20日 定例稽古

2019年02月20日(日)市内某スポーツセンターにて定例稽古を行いました。

このところ色々と環境の変化もあって平日の定例稽古になかなか人数が揃わないのですが、久々に弟弟子F氏と定例稽古を行う事が出来ました。
テーマは特に決めませんでしたが「大太刀の型」です。

最初は木剣を振りながら歩行稽古。
・木剣を素振りしながら前進(右)
・木剣を素振りしながら前進(左)


今回は時間が惜しかったので素振りと歩行稽古を融合させてみました。まぁ肩慣らし程度にはなったかと…

次に打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


こちらも肩慣らし程度に打ち合い稽古を行いました。半開が肝要ということで半開を軸にスイッチなども含めて指先から足裏まで全身の身体操作を留意しながら稽古してみました。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)


先の短期集中鍛錬で弟弟子F氏が習った大太刀の型の後半が自宅での独り稽古でも実のある稽古になる様に形だけではなく身体操作の部分も含めて重点的に稽古をしました。
相手がいないと稽古するのも難しい型稽古ですが、若く熱意溢れる弟弟子F氏は最初こそぎこちなさがあったもののスッと吸収して形になって来ました。流石です。


身体操作いうても最初は何となくしか出来んし何が肝なんか判らんかったんじゃけど、繰り返しやるうちに少し判ってきた気がするんよね。
そうしたら型を稽古する時に型のこの動作はあこ身体操作を含んどるんじゃろうか?いうのをフッと思う様なって何度も何度もやっとる筈の型でも新たなaha体験があって感動するんよ!
いやぁ古流いうのは本当に奥が深くて面白いわ!




2020年2月21日金曜日

2019年02月16日 自主稽古

2019年02月16日(日)市内某スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

今回はこのところ多忙過ぎる弟弟子F氏が久々の参加という事で気合の入った稽古でした。
テーマは弟弟子F氏の発案して貰い「脱力」です。

最初は歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りの稽古。
・素振り(右・左)
・座して素振り(右・左)
・甲段からの斬り


木剣を振るにしても「脱力」ということは即ち腕力に頼らずに振るということで、必然的に腕力以外の何かで振ることになる訳ですが最終的にそれが身体操作で振るという理合に通じる訳です。
素振りでは「脱力」をしていてもスイッチで振れる筈ということで稽古をしてみました。

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


打ち合いで木剣を振るのも「脱力」ということで即ち腕力以外の身体操作での木剣の操作を意図して稽古しました。半開やスイッチなど様々な身体操作があり統合して使うことで腕力に頼らず足で地を蹴ったりも無しに打ち込んだり受け流したりの稽古が出来るのです。
ある程度やって肩慣らしが出来たところでより精確な受けとなる様に”鎬”での受けを意識して稽古してみました。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


型稽古は弟弟子F氏が久々の参加という事で先の短期集中鍛錬で習った大太刀の型の後半を重点的に稽古をしました。
久々の弟弟子F氏でしたが腕の衰えを感じさせず稽古に参加が出来なくとも独り稽古に励んでいた事が伝わってきます。その熱意に負けぬ様に皆で熱が入った型稽古となりました。

それから身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕を極められた状態から抜ける
・肘を極められた状態から抜ける


最後に居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


久々に三人そろっての稽古じゃったけどあっという間に時間が過ぎてしもうて足りんかったんよ。
やっぱり人数が多い方が刺激もあって、より充実した稽古になる様な気がするねぇ。
今年こそ稽古参加者の増えてくれたら嬉しいのう…!