2017年8月26日土曜日

2017年08月20日 厳島神社奉納 親と子の武道演武大会

まだまだ猛暑の続く08月中旬、いよいよ厳島神社での演武の日を迎えました。
自身は昨年も出演させて頂いておりますが、弟弟子は厳島神社での演武には初出演で、且つ、公式での演武も初参加です。

桟橋前で熊本から来広された師範代や姉弟子、兄弟弟子と合流して厳島神社に向かいます。
境内で受付を済ませ控え室で道着に着替えた後、参加者全員で祈願を受け、玉串奉納の際には安芸国一之宮でもある厳島神社の御祭神(宗像三女神様)に本日の無事と武芸の上達を心の中で祈念しました。

我々の出場は正午頃でしばし時間があった為、系統的にはタイ捨流の祖父にあたる天真正伝香取神道流剣術や楊心流薙刀術などなど他の流派の演武を拝見させて頂きます。
また、その合間に控え室の裏手の広場で流れを確認する程度ではありますが本番前の最後の稽古を行います。
自分たちの出場が近付くにつれ緊張も高まり、呼吸をして「平常心よ帰って来いよ」と呼び戻します。

そしていよいよ本番です!

今回タイ捨流からは師範代を含め6名が参加させて頂きましたが、自分と弟弟子がトップバッターです。入場をして神前に一礼をし興奮と緊張も最高潮です。

呼吸をし、木剣を構え、仕太刀を見据え、今ここに集中する。
長いとも、一瞬とも思える間を経て、打太刀そして仕太刀が動き始める。

広島門下生は大太刀の型の1本目と4本目、10本目の3本を演武させて頂きました。

打太刀として仕太刀の動きを良く見て動く等の要点はそれなりであったかと思いましたが、全体として早く動き過ぎであったり、逆に間を取るべきところで取れていなかったりの反省点もありつつも、大きな失敗は無しに演武を終える事が出来ました。ありがとうございました。

着座して兄弟弟子の演武と師範代と姉弟子の演武の間に呼吸も整い、緊張も一気に解れ、最後に全員で神前に整列をして一礼をし退場をします。
退場をして「今年もかつての憧れじゃったこの厳島神社様の祓殿での演武を終える事が出来たんじゃねぇ」と安堵を感じたのをよく覚えています。

そして帰路の途中でちょっとだけ寄り道、最早毎年の楽しみとなりつつある「BACCANO」さんへお邪魔をしてのジェラートのお時間です。
暑さと緊張感の解れもあってか、冷たくて自然な甘さのジェラートが心身と五臓六腑に染み渡ります。
BACCANO」さんのジェラートは日替わりで種類も沢山あって何を食べようか迷うのもまた楽しみだったり。


来年も演武の後に門下生の皆でジェラートを食べれる様にと思いつつ、自然と話題は演武の降り返りになったりするのですが、ここで自分たちの演武で動き始めた瞬間に厳かな音楽が流れてきて、何か兵法タイ捨流が祝福されているがの如く凄いタイミングだったという事が発覚。
しかも自分は全く気付いておりませんでした、、、
※後で動画を確認しましたが、厳かな音楽の正体は正午を告げる厳島の島内放送で特に特別なものではありませんでした。残念。

フェリーに乗り桟橋を出たところで翌日の仕事に備え早々に帰熊せざるを得ない師範代や姉弟子、兄弟弟子とお別れをして広島門下生も帰路に着きます。


そして今回は弟弟子との共著です。ここから弟弟子の投稿となります。

///////// ここから /////////

「厳島神社奉納 第7回 親と子の武道演舞大会」に参加させていただきました。

当日は快晴で現地に到着するまでとても蒸し暑かったのですが、演武会場は海から吹き抜ける風が心地よく、とてもよい環境の中で私自身は公式初演武を行わせていただきました。

~~~

個人的には緊張はしていないつもりだったのですが、無意識に緊張で身体が固くなってしまっていたようで
躱さないといけないところで躱しきれず木剣が腕にカスってしまったり
稽古時の駄目なパターンの方の動きが出てしまったり
打太刀が動き出す前に動いてしまったり
と反省点も多くありました。

途中進行が止まってしまう様な本当に最悪な結果とならなかったのが唯一の救いどころです。
自己評価では100点満点中10点かな、と感じています。

また動画を撮っていただいていたので後で確認してみると、
緊張感がないというか
落ち着きがないというか
他の方々(師範代や姉弟子や兄弟子達)に比べて所作が汚く
見直す度に恥ずかしいやら情けないやらで、とても苦い経験となりました。

~~~

今回の結果を踏まえ、今後は特に精神面をコントロールする事に重点をおき、どのような状況でもいつも通りの動きができるようになることを目指して、精進していきたいと思います。

関係者の皆様方、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

///////// ここまで /////////


演武と一言に言っても、演武するまでの期間に思う事や感じる事や行う事、演武をしている真っ最中に思う事や感じる事、そして演武を終えてから思う事や感じる事、それぞれタイミングで実に色々な事を思い、感じ、体験します。本当に色々あります。
そして振り返ってみるとその時々に思い、感じ、行った事が自身の経験となり人生の糧となっているのだなと感じます。

最後になりましたが演武への参加をさせて下さいました兵法タイ捨流の宗家、館長、師範、師範代、兄弟弟子の皆様、そして演武大会を主催された実行委員会の皆様本当にありがとうございました。

本演武をひとつの節目として明日から再び広島稽古会の稽古に鍛錬に励まさせて頂きたいと存じます。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

兵法タイ捨流 広島稽古会 拝


※演武の写真は兵法タイ捨流龍泉館のFacbookの方で公開しておりますので、そちらをご参照ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿