2020年3月18日水曜日

2020年03月08日 自主稽古

2020年03月08日(日)市内某スポーツセンターにて自主稽古を行いました。

新型ウィルスの影響で演武や稽古の実施も危ぶまれる昨今ですが、場所と時間があり稽古が出来る時には動じることなく稽古をしたいと思っております。
今回のテーマは問答無用で「スイッチ」です。

最初は歩行稽古。
・木剣を正中に構えて前進
・木剣を正中に構えて後退


次に素振りと構えの稽古。
・構え(順次)
・素振り(右・左)


ここで身体操作。
・腕を捻じ上げられた状態から返す
・腕を極められた状態から抜ける
・肘を極められた状態から抜ける


ここ最近は最後の方で稽古をしていた身体操作を久々に前の方でやってみました。
何故かと問われれば今回のテーマも結局は身体操作の一環であるが故にというところであります。
予め反復しておいてから型の中などでしっかりとテーマに取り組もうという魂胆なのです。ふふふ。

打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


振り返ってみると個人的に打ち合いの稽古での課題に段階があり、最初は身体がちゃんと半開している事で次に足が居付かない事で今は「スイッチ」がちゃんと使えているかとなっています。
最初の頃の打ち合いと今の打ち合いではもはや別物になっているかもしれません。ふふふ。

それから居合いの稽古。
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次


という事で「スイッチ」をちゃんと使えているか否かの行き着く先は型と居合であります。
最初は気付かなかったのですが居合が先に進むにつれて「スイッチ」が使えているか否かで出来が全く変わってくるんですよね。そういう奥深いところに改めて感動なのです。ふふふ。

〆に大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


という事で「スイッチ」をちゃんと使えているか否かの行き着く先は型と居合であります。
型の動きに集中していると「スイッチ」が甘くなる箇所があるんですよね。それを洗い出し修正して行くべく今日も型稽古に励むのです。ふふふ。


げに今回のアレは影響が大きうて本当に困りますのう。
色々と備えるのも兵法いう事で互いに予防だけじゃのうで段階を踏んで最悪は感染した場合にも備えて対応できるんが理想なんじゃろう言うて思います。

かく言う自分が急に高熱が出てからに驚いたんじゃけど、掛かり付け医の先生に診てもろうて、泣く泣く稽古も休んで、外出もせずに家に引き籠ったりして大変じゃったんよ。
結局、一晩で熱も下がって目立った症状も無うてアレとは別物の様で幸いじゃったんじゃけど、「想定外」がなるべく少なくなる様に、「想定外」があっても柔軟に適切に応じられる様な兵法に恥じぬ在り方をしたい言うて思うとります。

0 件のコメント:

コメントを投稿