2020年6月21日日曜日

2020年06月14日 定例稽古

2020年06月14日(日)市内某スポーツセンターで定例稽古を行いました。

早くも真夏を思わせる気温と湿度でありますが負けずに気合をいれて稽古に臨みたいと思います。
今回のテーマは前回テーマを延長で「途中」としたいと思います。

最初は歩行稽古。
・木剣を構えて前進
・木剣を構えて後退


素振りの稽古。
・座して素振り
・素振り(右・左)


座しての素振りも少しは馴染んできたのかちょっとづつ自然に出来る様になった気がします。
そうすると不思議なことで肩や胸そして足裏など余り意識してきた事がなかった部位を感じられ意識する様になってきました。

次に打ち合いの稽古。
・打ち合い稽古(右)
・打ち合い稽古(左)


弟弟子達を含めて打ち合い稽古で受け流す為に木剣を上げる動作がより早くより高くより自然になって来た様に感じます。
実際に無駄な前後移動なくなったり途切れがなくなったりと質が変わった様です。素振りの変化がここまで出て来るとは思わなかったのですが逆に素振りが基礎である事の証左なのでしょうね。

大太刀の型と小太刀の型の稽古。
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(打太刀)
・小太刀の型4本(打太刀)
・作法から始め大太刀の型13本及び終結の型(仕太刀)
・小太刀の型4本(仕太刀)


さて型稽古では前回の延長で「途中」をテーマに型の動作と動作の間に途切れが無い様に意識して稽古してみました。
安定に安堵しない様に身体を使ってみたり色々と気付きが出てきます。
更には今更ながらと笑われそうですが、姿勢や目線の崩れは次の動作の崩れに繋がる事がより実感させられました。いや色々なものが繋がっていて本当に古流は奥深く面白いとまた気付かせて頂きました。

それから居合いの稽古。
・居合の基本操作
・居合いの礼法
・居合いの一本目から順次



今回は気温と湿度がヤバくて今年も熱中症の対策をせんといけん季節が来たんじゃねぇ…。
ここの施設は冷房を入れて下さるけぇ本当にありがたいんじゃけど、逆に施設への迷惑も掛けん様に自分らでもしっかりと対策をして傷病の無い稽古を心したい思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿