2040年3月21日水曜日

はじめに

(2020年04月 修正)

兵法タイ捨流とは戦国時代から江戸時代初期の剣客”丸目蔵人”(まるめ くらんど)が興した剣術の流派です。
丸目蔵人”は新陰流を興した”上泉伊勢守信綱”(かみいずみ いせのかみ のぶつな)に師事し、その後に独自の工夫により”兵法タイ捨流”を興しました。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれており、「」は”丸目蔵人”の師である”上泉伊勢守信綱”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。
そのほか、「」とすれば体を捨てるにとどまり、「」とすれば待つを捨てるにとどまり、「」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「」とすれば自性に至る。
更にこれらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされています。


当会は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”の門人のうち、広島在住の門下生による自主稽古の会です。

兵法タイ捨流 龍泉館”はその発祥である戦国時代からのいわゆる古流の理合を現代まで伝える希少な流派のひとつです。
その理合は ”筋力に頼らない”、”手足で動かない”、”飛ばない跳ねない” 等々と一見すると不合理とも思えますが実際に体感してみると驚くと共に合点の行く非常に奥深く興味深いものであります。

そして”筋力に頼らず”、”手足で動かず”、”飛ばず跳ねない"等の理合から非力で体格にすぐれない女性や年配の方であっても稽古が可能で、その鍛錬と習得の喜びを楽しんで頂けます。
また”筋力に頼らず”という理合は脱力の意でもあり、適度な脱力と身体を動かすことはストレス解消にも繋がり稽古後の爽快感は格別です。

実際に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県を含めて門下生の年齢も地域も幅広く、国内はもとより欧州などでも多数の老若男女の門下生が稽古を楽しんでいます。また海外を含む門下生同士での交流も稽古とは異なる楽しみでもあったりします。


当会の活動については主に木曜日の夜、広島県立総合体育館の武道場(個人利用)にて定例稽古を、それ以外に日曜日を中心に自主稽古を行っています。

当会の活動については2020年4月より利用施設や稽古実施の実態を鑑みて変更を行い、主に日曜日に南区スポーツセンターの剣道場(個人利用)にて定例稽古、可能であれば木曜日の夜に広島県立総合体育館の武道場(個人利用)での自主稽古などを中心に稽古を行っています。
 
それ以外に最低年2回を目安に”兵法タイ捨流 龍泉館”のある熊本県八代市への短期集中鍛錬を受けに遠征をしたり、夏に厳島神社で行われる演武に参加といった活動も行っています。

当会の目的は門下生同士が自主的に集って合同稽古を行うことにありますので定例稽古や自主稽古での稽古料や月謝などは不要ですが、稽古に利用する公共施設の利用料は個人負担となります。


入門を希望される場合は熊本県八代市の”兵法タイ捨流 龍泉館”への入門となります。
龍泉館での年会費や入門時の費用など入門についての詳細や必要な道具類等のご案内と龍泉館への窓口などをさせて頂きますので、先ずは一度ご見学にお越しください。

ご興味を持たれた方や見学をご希望の方は事前にメールかコメントまたはお問合せを頂けましたら幸いです。


兵法タイ捨流 広島稽古会 拝

hiroshima.taisharyu@gmail.com
 ※スパム対策として@を全角にしておりますので半角にご変換下さい